J1神戸 ポドルスキが浦和戦でボールボーイに暴言

[ 2019年4月22日 11:02 ]

<浦和・神戸>後半、浦和・槙野と競り合う神戸・ポドルスキ(左)(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)が、20日の浦和戦(埼玉)でボールボーイに暴言を吐いていたことが21日、分かった。

 後半14分、スローインを急ぐ背番号10に対し、ボールボーイは手元ではなく、転がしてボールを渡す。この際に発した言葉が「DAZN」のピッチマイクに拾われていたことから、欧州の複数メディアによって報じられた。

 ドイツ語で「ちゃんと渡すんだ、この野郎!」といった趣旨の言葉だったようで、スラング(俗語)も含まれていた。今後、Jリーグから処分が下される可能性もある。

 17年にはボールボーイを小突いた徳島DF馬渡和彰(現川崎F)に対し、2試合の出場停止処分が科された。今回の暴言が、監督交代などで揺れる神戸の新たな火種となるかもしれない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年4月22日のニュース