大迫 後半途中出場、前線で不発 ブレーメン敗れる

[ 2019年4月22日 05:30 ]

ドイツ1部   ブレーメン0―1バイエルン・ミュンヘン ( 2019年4月20日 )

Bミュンヘン戦の後半、競り合うブレーメンの大迫(右)
Photo By 共同

 ブレーメンFW大迫は味方に退場者が出た後の後半28分からピッチに立った。しかし、2分後に先制点を奪われると、その後も相手に球を持たれる時間帯がほとんど。懸命に前線でプレスをかけてもなかなかボールを奪えず「バイエルン相手に退場者が出ると難しい」と悔しがった。

 24日にはドイツ・カップ準決勝で、再びバイエルン・ミュンヘンと顔を合わせる。「一発勝負なんで、緊張感のある試合ができる」と気合を入れた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年4月22日のニュース