東京V 柏討ち!シュート3対21もしのいで2発

[ 2019年3月31日 05:30 ]

 明治安田生命J2第6節は30日、各地で11試合が行われ、水戸は鹿児島を1―0で下し、開幕から負けなしの4勝目で勝ち点14。柏は東京Vに0―2で敗れて2連敗。千葉は福岡を破って今季初勝利を挙げ、大宮は長崎に勝った。

 柏にシュート数では3―21と圧倒されたが、2―0で快勝した。前半38分に端戸のクロスを林が頭で合わせて先制。2分後に端戸のパスから小池が抜け出して加点。後半途中からは3バックにして逃げ切った。林は「相手の前に入れた。ヘディングも逆サイドに流すことを意識した」ときっぱり。今季すでに4点目で「スタメンで出られれば決める自信はある」と胸を張った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年3月31日のニュース