元日本代表FW李忠成が骨折、全治2カ月「1日でも早くピッチに…」

[ 2019年3月23日 18:59 ]

 J1の横浜は23日、元日本代表FW李忠成(33)が川崎市内の病院で検査を受け、左橈骨骨折で全治2カ月の見込みと診断されたと発表した。

 前日22日の練習中に負傷した。李は浦和から今季加入。開幕からリーグ戦全4試合にすべて途中出場し、4試合合計で43分間プレー。得点はなかった。

 李は自身のツイッターやインスタグラムを更新。「1日でも早くピッチに立てるよう頑張ります」と前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月23日のニュース