【城彰二 視点】個々の持ち味出たが…リオ五輪世代と香川の融合は時間がかかりそう

[ 2019年3月23日 08:50 ]

国際親善試合   日本0―1コロンビア ( 2019年3月22日    日産ス )

<日本・コロンビア>試合後に話をする香川(右)と南野(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 日本はグループで相手からボールを奪い、攻撃に切り替えていく狙いが良くできていた。大迫が不在だったが、キープ力のある中島が攻撃のスイッチを入れ、堂安、南野と連動していい形をつくっていた。1トップに入った鈴木も持ち味のスピードを生かして相手守備ラインの裏を狙い、チャンスをつくっていた。流れの中で受けるのはうまいが、大迫とはタイプが違い、前線でボールをキープする場面は少ない。これができれば、南野や中島らが前に行けるので、もっと相手ゴール近くからシュートが打てた。鈴木自身も前半37分に左の中島のクロスをフリーでヘディングシュートをしたが、こういう時に決めないと格上には勝てない。

 香川はコンディション的には悪くなかったが、周囲との連係がまだまだだった。技術は高いが、リオ五輪世代の選手とのリズムの違いに少し手間取っている。融合するには少し時間がかかりそうだ。(元日本代表FW)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月23日のニュース