南野 憧れ存在と初競演も不発「余裕はなかった」

[ 2019年3月23日 05:30 ]

国際親善試合   日本0―1コロンビア ( 2019年3月22日    日産ス )

<日本・コロンビア>前半、ハメス・ロドリゲス(右)と競り合う南野(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 MF南野がC大阪下部組織時代から憧れ続けてきた香川と初の競演を果たした。

 1点を追う後半20分に香川が投入されると、トップ下から1トップに変更。計14分間のプレータイムに終わり「感慨深さを感じながらプレーしている余裕はなかった。まずチームが勝利することに集中した」。前半10分には強烈な右足シュートを放つなど積極性を見せたが無得点。「次(ボリビア戦)は勝たないといけない」と気持ちを切り替えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月23日のニュース