長友 強豪イラン戦に闘志「どっちが最強か…確固たる決意を持って戦う」

[ 2019年1月28日 15:37 ]

日本代表練習でボール回しをする長友(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 サッカー日本代表DF長友佑都(32=ガラタサライ)が28日、自身のツイッターを更新。同日UAEで行われるアジア杯準決勝の強豪イラン戦へ向け、並々ならぬ決意を表明した。

 「今夜23時kick off vs IRAN アジアカップ準決勝」と書き出した長友は「アジア最強といわれるイラン。どっちが最強か。プライドと誇りを胸に。確固たる決意を持って戦う」と決意表明。「僕たちのもとに熱気が届くように熱い応援よろしくお願いします!リツイート希望」とつづった。

 2015年にオーストラリアで行われた前回アジア杯はアギーレ監督(当時)のもと、まさかの8強どまり。日本代表はザッケローニ体制だった2011年カタール大会以来2大会ぶり5度目の優勝を目指すが、日本のFIFAランク50位に対してイランはアジア最上位の29位。イランを倒せば、かつての指揮官であるザッケローニ監督率いるUAEと決勝で対戦する可能性もあるだけに、闘志をみなぎらせる長友だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年1月28日のニュース