大迫“攻撃にリズム”スタメン濃厚、周りに好影響生み出す

[ 2019年1月28日 05:30 ]

アジア杯準決勝   日本-イラン ( 2019年1月28日    アルアイン )

ボール回しをする(左から)吉田、大迫、伊東、酒井(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 FW大迫の先発復帰で、攻撃にリズムをよみがえらせる。前線でボールを収めることができるエースの存在は、周りに好影響だ。長友が「彼は1人のプレーヤーだけじゃなく、2人、3人、4人目のプレーヤーを輝かせる」と言うように、最前線に起点を作ることで、2列目の飛び出しなどを生かすことができる。

 右臀部(でんぶ)痛から5試合ぶりにスタメンに戻ることが濃厚。アジア最強の堅守をこじあける準備を整えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年1月28日のニュース