万能性に監督期待!追加招集の塩谷、敵地UAEは“ホーム”

[ 2019年1月7日 05:30 ]

アジア杯1次リーグF組   日本-トルクメニスタン ( 2019年1月9日    アブダビ(UAE) )

練習でヘディングする塩谷(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 追加招集された塩谷も練習に合流した。この日の午後、陸路で自宅のあるアルアインから、チームのいるアブダビへと移動。宿舎に午後3時半に到着し、1時間半後から早速、汗を流した。練習前には、広島時代の恩師、森保監督と握手を交わす場面も。円陣では乾に続いてあいさつして拍手を受けた。

 先月28日までは所属するUAEの強豪アルアインで公式戦にフル出場しており、コンディションは問題ない。指揮官からは「アルアインではボランチもやっている。守備の部分であれば、どのポジションでもできる」と、ユーティリティーな能力に太鼓判を押されている。中東所属の選手がA代表に招集されるのは史上初。15年のアジア杯メンバーがチームに刺激をもたらす。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月7日のニュース