呪い解けた!W杯得点王ケーン プレミア初“8月弾”で開幕2連勝に貢献

[ 2018年8月19日 01:18 ]

プレミアリーグ第2節   トットナム3―1フラム ( 2018年8月18日 )

フラム戦でゴールを決め喜ぶトットナムのFWケーン(右)(AP)
Photo By AP

 “8月の呪い”がついに解けた。トットナムのイングランド代表FWハリー・ケーンがホームのフラム戦に先発し、2―1の後半32分にダメ押し弾。プレミアリーグでは自身キャリア初となる「8月のゴール」を記録。チームも開幕2連勝を飾り、ますます勢いづいて行きそうだ。

 プレミアリーグで4季連続20得点以上を記録、ロシアW杯でも得点王を獲得するなど世界的ストライカーとなったケーンにとって不思議なことに8月は鬼門。昨季までリーグ戦13試合に出場し898分間のプレータイムがありながらも無得点。“8月の呪い”として英メディアなどに取り上げられていた。

 今季も開幕戦にフル出場するも無得点。いつこの「負の記録」が破られるかに注目が集まっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年8月18日のニュース