エムバペ人類最速!19歳2発でフランス8強 “怪物伝説”幕開け

[ 2018年7月2日 05:30 ]

W杯決勝トーナメント1回戦   フランス4―3アルゼンチン ( 2018年6月30日    カザン )

驚異的なスピードでドリブル突破しPKを獲得したエムバペ(左)(AP)
Photo By AP

 決勝トーナメントがスタートした6月30日、新スターが生まれた。フランスはFWキリアン・エムバペ(19=パリSG)が2ゴールと躍動。前回大会準優勝でFWリオネル・メッシ(31=バルセロナ)を擁するアルゼンチンに4―3で逆転勝ちし、2大会連続のベスト8進出を決めた。6日の準々決勝ではウルグアイと対戦する。

 FWエムバペがぼう然とするメッシに近づく。握手、そして抱擁。初の大舞台を戦う19歳に、最後と目されるW杯を終えた31歳から世代交代のバトンが引き継がれた瞬間だった。数年前まで部屋中を憧れのC・ロナウドのポスターで埋め尽くしていた若者が世界最高の選手に引導を渡した。

 伝説に近づいた新時代の旗手に誰もが目を奪われた。今大会登録選手中2番目の若さながら全てが規格外。後半には枠内シュート2本で2ゴール。10代の選手がW杯の決勝トーナメントで1試合複数得点を記録したのは、58年スウェーデン大会のペレ以来2人目の快挙。「彼は別格だが、そのような人に並べたのはいいことだ」と笑顔を見せた。

 チームの攻撃はエムバペがいた右サイドからが46%と最も多く、味方から絶対の信頼を受けている様子もうかがえる。前回準優勝国のアルゼンチンを沈め「W杯は世界トップレベルの選手が集まる。自分の能力を示す絶好の機会だと思っていた」と胸を張った。

 前半11分には、「5人抜き」で現在も語り継がれるマラドーナ氏の前で驚がくの4人抜き。50メートル以上を独走するドリブルでPKにつなげた。自陣でボールを拾ってからペナルティーエリアに進入して倒されるまで7秒足らず。この間にボールに触ったのは7回だけ。長い距離を駆け抜ける非凡な能力を示した。

 FIFAの公式データではFWグリーズマンと並ぶ両チームトップの時速32・4キロと発表されたが、ドイツのWAZ紙は「平均時速38キロで約50メートルを疾走」と伝えたほど。この速度は陸上短距離界の帝王ウサイン・ボルト(31=ジャマイカ)が09年に樹立した男子100メートルの世界記録9秒58の平均換算時速37・58キロを上回る。

 母国が初優勝した98年、主将としてトロフィーを掲げたデシャン監督は「重要な試合で素晴らしい才能を発揮した。まだ伸びしろがたっぷりある」とコメント。同年に生を受けたW杯に縁ある10番が、20年ぶりの栄冠へと「レ・ブルー」を先導する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年7月2日のニュース