平本一樹氏、J2町田のフロント入りへ 昨季限りで現役引退

[ 2018年1月16日 05:30 ]

現役時代の平本氏(08年撮影)
Photo By スポニチ

 昨季限りで現役を引退した前東京Vの平本一樹氏(36)がJ2町田のフロント入りすることが15日、分かった。アンバサダー的な立場で、学校訪問などの地域イベントに参加してクラブをPRする役割を担う。指導者ではなく、GMなど強化の仕事に興味を持っており、クラブ運営を学ぶステップにする。

 現役時代は主にJ2東京Vに所属し、07年は横浜FC、12年はJ2町田、13年は甲府に期限付き移籍。八王子市出身だが、祖父、父の故郷である町田に対する思いは強い。東京V時代の恩師であるJ2町田の唐井GMの存在も、下部組織から所属した東京Vを離れる決断を後押ししたとみられる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年1月16日のニュース