香川 絶妙クロス配給もスコアレスドロー「勝ちたかった」

[ 2018年1月16日 05:30 ]

ブンデスリーガ第18節   ドルトムント0―0ボルフスブルク ( 2018年1月14日 )

ウォルフスブルク戦の前半、競り合うドルトムントの香川(左)
Photo By 共同

 冬季中断明け初戦で、ドルトムントの香川が決定機を演出した。後半8分にスルーパスに反応して右サイドを突破。相手DFの股の下を抜く絶妙のクロスを送ったが、サンチョのシュートは左ポストに阻まれた。

 4試合連続のフル出場で軽快な動きを見せるも、スコアレスドロー。「勝ちたかった。スピード感やテンポが個人としても足りていなかった」と振り返った。中国移籍がうわさされるオーバメヤンは試合前日のミーティングを無断欠席したためメンバー外だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年1月16日のニュース