元日本代表MF高橋秀人、鳥栖へ完全移籍「神戸で学んだことを活かして」

[ 2018年1月16日 10:19 ]

神戸から鳥栖へ完全移籍するMF高橋秀人
Photo By スポニチ

 神戸は16日、元日本代表MF高橋秀人(30)が鳥栖へ完全移籍することを発表した。FC東京から昨季に加入し、リーグ戦22試合出場1得点だった。クラブ広報を通じて、以下のようにコメントした。

 「ヴィッセル神戸のファン、サポーターをはじめ皆さまこんにちは、高橋秀人です。この度、サガン鳥栖に移籍することになりました。昨シーズン、たくさんの応援を頂き、それが僕のエネルギーとなり全力で戦うことができました。本当にありがとうございました。しかしながら個人、チームともに大きな成果をもたらすことができなかったことは悔しさで一杯です。そして、皆さまと今シーズンを一緒に戦えないことも残念です。ホーム開幕戦ではスタジアムの雰囲気に魅了され、感動したことを今でも鮮明に覚えています。また、天皇杯準決勝での素晴らしい応援も記憶に新しいです。これから別々の道を歩みますが、僕は神戸で学んだことをこれからの人生に活かして、もっと活躍していきます。また近いうちに会いましょう」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年1月16日のニュース