J2降格の大宮、ロンドン五輪コーチの藤原寿徳氏がGKコーチに就任

[ 2017年12月24日 14:34 ]

 来季J2へ降格する大宮は24日、藤原寿徳氏(47)が来季トップチームのGKコーチに就任すると発表した。

 岩手県出身の藤原氏は盛岡商高、駒沢大でプレーし、駒大、鹿島ユース、鹿島、京都などでGKコーチを歴任。関塚監督にもと4強入りした2012年ロンドン五輪でもGKコーチを務めた。五輪後は関塚監督のもとJ2千葉のGKコーチを務め、その後はJ2山口GKコーチを経て今季はJFLの今治でGKコーチを務めていた。クラブを通じ、「来シーズンから、皆さまと一緒に戦わせていただくことになりました藤原寿徳です。心を一つに、全員が家族になって、必ずJ1に昇格しましょう! よろしくお願いいたします!」とコメントしている。

 また、今季は仙台ユースで監督を務めた原崎政人氏(43)のヘッドコーチ就任も併せて発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年12月24日のニュース