水沼 起死回生の同点弾!縦一本からのこぼれ球に見事に反応

[ 2017年12月24日 05:30 ]

天皇杯準決勝   C大阪3―1神戸 ( 2017年12月23日    ヤンマー )

<神戸・C大阪>後半ロスタイム、起死回生の同点ゴールを決め、渾身のガッツポーズで雄叫びを上げる水沼(左)
Photo By スポニチ

 まさに起死回生の同点弾だった。

 C大阪は後半45分に神戸に先制点を奪われ、このまま終わるかと思った40秒後。ロングボールから生まれたゴール前のこぼれ球をMF水沼が右足で流し込んだ。「先制されて“やっちゃった”という感じがあったけど…。次のプレーでロングボールが入って(ゴールが)入るかなと思った」。120分間を走り抜き、自身にとって初の決勝進出をつかんだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年12月24日のニュース