J2愛媛 元主将の前野が6年ぶり復帰 今季は新潟で出場なし

[ 2017年12月24日 15:23 ]

 J2愛媛は24日、来季J2へ降格する新潟からDF前野貴徳(29)が完全移籍で加入すると発表した。

 愛媛県松山市出身の前野はジュニアユース、ユースと愛媛のアカデミー(育成部門)育ち。2011年と12年にはトップチームでプレーし、キャプテンも務めた。今季が6年ぶりの復帰となる。リーグ戦の通算成績はJ1が46試合0得点、J2が74試合5得点。今季は公式戦出場がなかった。

 前野は愛媛を通じ、「また愛媛の地でサッカーができること幸せに思ってます。1年を通して活躍できるように、全身全霊をかけて頑張ります。よろしくお願いします」とコメント。

 新潟を通じては、「新潟での3年間で、1年半はチームの力になることができず、また今季はJ2降格させてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。もう一度、アルビサポーターの前で、ビックスワンでオレンジのユニホームを着て、ピッチで一緒に闘いたかったですが、それができないことが残念ですし、心残りです。ただ、こんな僕にもいつも温かく声をかけてくれるサポーターの方々には本当に感謝しかありません」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年12月24日のニュース