バルサ 敵地で3発圧勝!メッシが「クラシコ」最多得点更新

[ 2017年12月24日 05:30 ]

クラシコの最多得点記録を公式戦25(リーグ17)に更新したバルセロナのメッシ(AP)
Photo By AP

 リーガ・エスパニョーラ伝統の一戦「クラシコ」で、首位バルセロナが快勝した。23日、クラブW杯で史上初の連覇を果たしたばかりのレアル・マドリードを敵地で3―0と撃破。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(30)が1得点1アシストをマークし、クラシコの最多得点記録を公式戦25(リーグ17)に更新した。

 エースの出来がクラシコの明暗を分けた。バルセロナはメッシが後半に躍動。1―0の19分にPKで追加点を決めると、終了間際に右サイドを突破してダメ押し点をアシスト。後半9分の先制点はボールには触れなかったが、マークされていた相手MFコバチッチを引きつけて速攻からの得点を生んだ。「今年最後の試合に勝って幸せなクリスマスを過ごしたい」と話していた通りの結果となった。

 8月のスペイン・スーパー杯ではRマドリードに2連敗。パリSGに移籍したブラジル代表FWネイマールの穴が心配されたが、開幕してみればリーグ17戦無敗で首位を独走している。原動力はやはりメッシで得点ランク1位の15得点をマーク。1試合未消化で暫定4位に低迷する宿敵との勝ち点差を14にまで広げた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年12月24日のニュース