J3栃木 FW竹中と契約更新せず

[ 2017年12月6日 15:58 ]

 来季J2へ昇格するJ3栃木は6日、7月からJFLのヴァンラーレ八戸へ期限付き移籍しているFW竹中公基(25)との契約満了に伴い、来季の契約を更新しないと発表した。

 大阪府出身の竹中は東京・成立学園高から2011年にJ2東京V入りし、13年に当時関東2部の浦安へ完全移籍。昨季はJFLへ昇格した浦安で29試合17得点の好成績を残して今季から栃木に加入した。

 だが、5年ぶりのJリーグ復帰となったシーズンも初ゴールはならず。7月に八戸へ期限付き移籍していた。リーグ戦の通算成績はJ2が2試合0得点、J3が9試合0得点。▲竹中はクラブを通じ、「半年間という短い時間でしたが、ありがとうございました。栃木での経験を活かして次のチームでも頑張ろうと思います。応援してくれたサポーターの皆さま、本当にありがとうございました。J2での栃木SCの多くの勝利を祈っています!」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月6日のニュース