山口、アンカーでも能力存分発揮「ポジティブなものあった」

[ 2017年11月16日 05:30 ]

国際親善試合   日本0―1ベルギー ( 2017年11月14日    ベルギー・ブリュージュ )

後半、デブルイネ(右)と競り合う山口
Photo By スポニチ

 MF山口は、ハリルホジッチ監督から「国内組で試合のリズムについていけているのは(山口)蛍だけかもしれない」と高く評価された。現体制下ではインサイドハーフを務めることが多いが、この日は右膝に不安を抱える長谷部に代わり、アンカーで先発。

 前半13分に横パスをカットされてカウンターを食らうなどミスもあったが、守備面ではボール奪取力の高さなど持ち味を発揮し「ポジティブなものはあった」と手応えを口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年11月16日のニュース