R・ルカク別格!ベルギー最多更新31点 指揮官「称賛に値」

[ 2017年11月16日 05:30 ]

国際親善試合   日本0―1ベルギー ( 2017年11月14日    ベルギー・ブリュージュ )

後半、ルカクはヘディングでゴールを決める 
Photo By スポニチ

 欧州予選を最速突破したベルギーが、FIFAランク5位の実力を示した。同予選H組で最多の11ゴールを挙げたエースのR・ルカクが、後半27分にMFシャドリの左クロスからヘディングで決勝ゴール。通算31点目で、同代表歴代最多記録を樹立した。

 今夏にエバートンからマンチェスターUに移籍し、リーグ11戦7得点、公式戦17戦11得点と早くもエースに君臨。何度も対戦しているDF吉田は「強くて、速くて、うまい」と評していた。A代表デビューは16歳。まだ24歳だが、1メートル90、93キロの体格で日本の守備陣に脅威を与え続けたプレーぶりは風格十分だ。マルティネス監督は最多得点を「称賛に値する」と喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年11月16日のニュース