西野技術委員長、守備評価するも苦言「学ばないといけない」

[ 2017年11月16日 05:30 ]

国際親善試合   日本0―1ベルギー ( 2017年11月14日    ベルギー・ブリュージュ )

 西野朗技術委員長は守備面を評価した上で、敗戦に苦言を呈した。0―0のスコアで耐える時間を増やす狙い通りの展開。攻め急ぐ相手の隙を突くのが理想だっただけに「本大会を考えれば絶対にポイント(勝ち点)を取らないといけないゲーム。学ばないといけない」と振り返った。

 ハリルジャパン初の欧州遠征は連敗。「世界のトップ5ではあるがテストマッチで決して100%ではなかった。これが我々の今のポジション」と冷静に受け止めていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年11月16日のニュース