21歳フォルナルス、自ら契約解除金支払いビジャレアルへ移籍

[ 2017年7月26日 05:30 ]

 マラガのスペイン代表MFパブロ・フォルナルス(21)が自ら1200万ユーロ(約15億6000万円)の契約解除金を支払い、ビジャレアルに移籍した。24日にビジャレアルが5年契約を結んだと発表した。マラガも公式ホームページ上に「パブロ・フォルナルスは移籍のため、自身で契約解除金を支払った」と声明を発表している。

 フォルナルスはマラガの下部組織出身で、15年にトップチームデビュー。16〜17年シーズンはリーグ32試合で6得点を記録した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年7月26日のニュース