鹿島・大岩監督リーグ後半戦へ3本柱 セビリアのプレー目標に

[ 2017年7月26日 05:30 ]

鹿島の大岩監督
Photo By スポニチ

 リーグ後半戦に向けて、鹿島の大岩監督が「目指すところ、継続するところ、改善するところ」の3つの柱を明確にした。ミーティングでは7月の3連戦や22日のセビリア戦など過去の映像を確認。その中で目指すところの指標として挙げた一例は、セビリアのパススピードやボールの動かし方だったという。

 MF三竿健は「(セビリア戦で)ポジショニングも凄く勉強になった。自分の中に落とし込めればもっと成長できる」と、後半の戦いに生かす構えだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年7月26日のニュース