DF昌子、CBポジション奪取狙う「海外組が全てじゃない」

[ 2017年3月22日 05:30 ]

W杯アジア最終予選   日本―UAE ( 2017年3月23日    アルアイン )

原口(右)と競り合う昌子
Photo By スポニチ

 日本代表のDF昌子はクラブW杯で得た自信を元にセンターバックのポジションを奪う。

 昨年12月のクラブW杯ではRマドリード(スペイン)と決勝で戦い、延長戦までもつれ込む熱戦。C・ロナウドを1対1で止めるなど、世界に存在をアピールした。自身は「結局はハットトリックをされているし、相手は本気じゃなかったと思っている」と謙遜したが、「世界の舞台でもう一度やるにはA代表で出るしかない。海外組が全てじゃないというのを見せたい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年3月22日のニュース