元ドイツ代表主将シュバインシュタイガー 米MLSシカゴに移籍

[ 2017年3月22日 05:30 ]

米MLSシカゴに移籍することが報じられたマンチェスターUのMFシュバインシュタイガー
Photo By AP

 元ドイツ代表主将で14年W杯優勝に貢献したマンチェスターUのMFバスティアン・シュバインシュタイガー(32)が米MLSシカゴに移籍した。21日、両クラブが発表。1年契約で、地元メディアによると基本年俸は450万ドル(約5億1000万円)。ビザ取得、身体検査後に契約を結び、今月末にチームに合流する見通しで「シカゴにポジティブなインパクトを与えたい」と語った。

 バイエルンMから15年にマンチェスターUに移籍したが、今季就任したモウリーニョ監督の下で戦力外となっていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年3月22日のニュース