G大阪 メールアドレス30人分流出 誤って件名に全員のアドレス表示

[ 2017年3月22日 19:17 ]

 J1のG大阪は22日、30人分のメールアドレスを流出させたことを発表して謝罪した。

 19日の浦和戦で実施した吹田スタジアム発の直行臨時バス受付に関して、17日に最終案内をメールする際、件名に誤って送信先の全員にあたる30人分のメールアドレスを表示したまま送信したという。

 クラブは17日に対象者全員にメールで謝罪するとともに、誤送信メールの削除を依頼。19日に対象者全員と直接会って謝罪した。今後に向けては「本件の経緯と原因を全従業員だけでなく、個人情報を取り扱っている関係先にも周知します。クラブだけでなく関係各所においても個人情報を厳格に取り扱い頂くことで、再発防止に取り組みます」とし、「本件により、お客様をはじめ関係各所の皆様には多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたことを、重ねて深くお詫び申し上げます」としている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年3月22日のニュース