田嶋会長「総合力が問われる戦いに」選手と同じ練着で熱視線

[ 2017年3月23日 01:43 ]

 日本協会の田嶋幸三会長(59)は日本代表のW杯アジア最終予選UAE戦(23日、アルアイン)に向けて22日に現地入りし「チームは大一番を迎えるぴりっとした雰囲気になっている。この緊張感は好き。ワクワクしている」と語った。

 この日はUAE協会幹部と昼食を共にし「日本に対するリスペクトを感じた。(昨年9月1日のW杯アジア最終予選)初戦でUAEに負けているので、我々こそ相手をリスペクトしないといけない。底力、総合力が問われる戦いになる」と強調。公式練習には選手と同じ真っ赤な練習着で姿を現し、ピッチにに熱視線を送っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年3月22日のニュース