平川 チームメート久保よりお先にJ3最年少デビュー!

[ 2016年10月31日 05:30 ]

明治安田生命J3第27節 ( 2016年10月30日    味フィ西 )

<FC東京U-23・相模原>後半、キレのあるドリブルを見せるFC東京U-23・平川(右)
Photo By スポニチ

 FC東京U―18のMF平川が30日、J3最年少出場記録を更新した。

 U―23チームが参戦するJ3の相模原戦で、0―1の後半16分から2ボランチの一角でプレー。3―1の後半ロスタイムにDFラインの裏に絶妙な浮き球のパスを出し、林のハットトリックをお膳立て。16歳6カ月10日でのJ3最年少記録に花を添えた。平川は来年U―17W杯の出場権を獲得したU―16アジア選手権で、バルセロナの下部組織出身の久保とともに活躍した逸材。試合後ファンに「将来は海外で」と堂々宣言し、今後の目標については「まずはJ3で一番になってJ1でも活躍したい」と話した。11月5日のJ3長野戦では1学年下の久保もいよいよJ3デビューを飾る予定だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年10月31日のニュース