三菱自動車、浦和レッズ株売却 重工との共同出資会社に 支援は継続

[ 2016年10月31日 16:38 ]

 三菱自動車は31日、約51%を保有するサッカーJ1浦和レッズの運営子会社の全株式を、三菱重工業と新たに設立する共同出資会社に売却すると発表した。運営子会社への間接的な持ち分は19・8%に低下する。

 株式売却は、横浜F・マリノスの運営会社を持つ日産自動車と資本提携したことで、複数クラブを支配下に置くことを禁じたリーグ規約に抵触するのを避けるのが狙い。

 三菱自動車は11月中旬に、三菱重工との共同出資会社「ダイヤモンドFCパートナーズ」(仮称)を設立し、運営子会社株をすべて譲渡する。新会社への出資比率は三菱自動車が39・2%、三菱重工が60・8%とする。

 三菱自動車は新会社を通じて「今後も浦和レッズの経営を支援していきたい」(広報部)と話している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年10月31日のニュース