元日本代表DF市川、故郷で引退会見「残り2試合全力尽くす」

[ 2016年10月31日 05:30 ]

引退会見を行った市川(左)は、試合後に沼津・中山と握手
Photo By スポニチ

 前日29日に今季限りでの引退を発表したJFLヴァンラーレ八戸の元日本代表DF市川が30日、静岡県沼津市でのアスルクラロ沼津戦にフル出場した。

 古傷を抱える膝の状態などからユニホームを脱ぐ決意を固め、出身地の静岡県内での試合を前に発表に踏み切ったことを明かし「19年プロ生活を送ることができたのも、支えてくださった多くの方のおかげ」と感謝。今後は未定で、ともに02年W杯メンバーの沼津FW中山からもねぎらいの言葉を掛けられ、「残り2試合。自分にできる限りのことをして戦い抜きたい」と完全燃焼を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2016年10月31日のニュース