リトルなでしこ連覇王手 高橋2発!スペインを3-0撃破

[ 2016年10月19日 05:30 ]

U―17女子W杯準決勝 ( 2016年10月17日    ヨルダン・アンマン )

準決勝でスペインに勝ち、喜ぶU―17の女子日本代表イレブン
Photo By ゲッティ=共同

 サッカーのU―17女子W杯は17日、ヨルダンのアンマンで準決勝が行われ、大会初の連覇を狙う日本は前回準優勝のスペインを3―0で下した。決勝は21日午後8時(日本時間22日午前2時)から実施される。

 準々決勝から先発を5人入れ替えた日本は、3試合ぶりの出場となった右サイドバックの冨田(岡山・作陽高)が前半14分、左サイドを攻め上がり、正確な折り返しで高橋(浦和ユース)の得点をアシスト。後半3分にも右サイドを駆け上がり、クロスでオウンゴールを誘った。後半31分には高橋がPKを決め、突き放した。

 楠瀬監督は「勝つことができたけど、まだ学ぶことが多いと感じた。今まで戦ってきた相手の分も頑張って、決勝では勝ちたい」と話した。決勝で戦う北朝鮮は昨年のアジア選手権決勝で敗れた相手。冨田は「リベンジだと思って絶対勝ち、優勝したい」と決意を口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年10月19日のニュース