浦和レディース 新浴室が完成 もちろん男子禁制

[ 2016年10月19日 05:30 ]

レッズランドに完成した浴室で記念撮影する浦和レディースの選手たち(c)浦和レッズ
Photo By スポニチ

 男子禁制の浴室が完成した。なでしこリーグ1部浦和の練習拠点である、さいたま市内の「レッズランド」に新設された浴室「紅陽(こうよう)の湯」がお披露目された。選手の要望を受けた株式会社「太陽」が寄贈。広さ約15平方メートルに2つの浴槽が備えられ、交代浴が可能。ジェットバスなども完備され、ケガ予防や疲労回復に大いに役立ちそうだ。

 荒川沿いに位置するレッズランドは、冬場はペットボトルの水が凍るほどの厳しい環境となる。主将のFW後藤は「冬場は足の指先が凍り、汗で全身が冷える。シャワーでは温めきれないけど、お風呂なら芯から温められる。感謝の気持ちをサッカーで表現したい」と喜びを口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年10月19日のニュース