マンC対バルサ ペップ監督狙う古巣で“初白星”

[ 2016年10月19日 05:30 ]

欧州チャンピオンズリーグ1次リーグ第3節 ( 2016年10月19日 )

マンチェスターCのペップ監督(右)は古巣バルセロナ戦から初白星を狙う(AP)
Photo By AP

 欧州CLは19日に1次リーグ第3節の8試合が行われ、グアルディオラ監督率いるC組2位のマンチェスターCは、敵地で首位のバルセロナと対戦する。

 指揮官にとってバルセロナは、選手、監督両方でCL優勝を経験した古巣で、12年の監督退任以来、バルセロナの本拠・カンプノウに戻るのは2度目。バイエルンM指揮官時代の前回は準決勝で敗戦。特別な場所での“初白星”に向け「決勝トーナメントに進むには、残り4試合のうち2試合に勝って勝ち点6を獲得する必要がある。次の試合で最初の勝ち点を獲得したい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年10月19日のニュース