長友の先発復帰濃厚 20日欧州Lサウサンプトン戦、再アピールへ

[ 2016年10月19日 22:02 ]

長友佑都
Photo By スポニチ

 インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都(30)が、20日の欧州リーグ・サウサンプトン戦での先発復帰が濃厚となった。イタリアの衛星放送スカイスポーツは19日、「長友とブロゾビッチが先発に復帰する」と報道。また、同日付の地元紙コリエレ・デロ・スポルトも「リーグ戦のカリアリ戦(16日)からジョアン・マリオ、ペリシッチ、アンサルディが抜け、ブロゾビッチ、エデル、長友に切り替わる」と報じた。しばらく先発から遠ざかっていた長友にとっては再アピールのチャンスになる。

 一方、コリエレ・デロ・スポルト紙は、公式戦3連敗のデブール監督がムードを変えられずにチームの低迷が続く場合、後任候補として元ローマ監督で現在はフリーのルディ・ガルシア氏が浮上したと報じた。同氏は現在ローマで引き続き生活しており、同紙は「セリエAの経験のない監督にチームを任せるのはリスクが高いため、ガルシア氏に(就任要請へ)行く可能性は高い」と報道。既に同氏のスタッフがインテルの情報収集を始めているとしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年10月19日のニュース