横浜8人離脱なんの 6戦ぶり勝利は今季初完封

[ 2016年5月22日 05:30 ]

前半23分、シュートを決めた横浜・栗原(左は斉藤学)

明治安田生命J1第1S第13節 横浜1―0神戸

(5月21日 ノエスタ)
 横浜DF栗原の1年9カ月ぶりとなる得点が決勝点となり、今季初の完封勝利を飾った。

 前半23分、MF中村の放った正確なFKに頭を合わせ「俊さんの点と言っていいくらい良いボール。(得点は)久々すぎて喜び方を忘れちゃいました」と笑った。リーグ戦先発は前節の鹿島戦に続き2戦目、ファビオの負傷で巡ってきた出番。「出れば自信はあった」と力強い。U―23日本代表に3人、同19代表に2人が招集され、負傷者も含めれば計8人が離脱する中、6戦ぶりの勝利を底力で勝ち取った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年5月22日のニュース