広島ウタカ 最速10ゴールも厳しいマークにイライラ

[ 2016年5月22日 05:30 ]

明治安田生命J1第1S第13節 広島1―3G大阪

(5月21日 Eスタ)
 広島は、FWウタカのリーグ最速2ケタ得点も実らなかった。

 3点ビハインドの後半ロスタイムにこぼれ球を蹴り込んで一矢報いるも、時すでに遅し。G大阪守備陣の厳しいマークに手を焼き「ゴールについては何も話すことはない」とブ然とした表情を浮かべた。試合後もG大阪DF丹羽と小競り合いを起こすなど、不快指数は頂点に達していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年5月22日のニュース