バイエルンミュンヘン、PK戦制し2冠達成 ドイツ杯

[ 2016年5月22日 10:22 ]

 ドイツ・カップ決勝は21日、ベルリンで行われ、バイエルン・ミュンヘンが延長を終えて0―0からのPK戦を4―3で制し、香川真司の所属するドルトムントを振り切って2季ぶり18度目の優勝を果たした。グアルディオラ監督が今季限りで退任するBミュンヘンはリーグと合わせ、2季ぶりの2冠達成。

 香川は延長後半から出場。PK戦では1人目として成功したが、ドルトムントは5人中2人が失敗し、3季連続の準優勝となった。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年5月22日のニュース