名古屋移籍の川又、古巣・新潟に「全力で倒しにいきたい」

[ 2014年8月14日 16:54 ]

J1名古屋の入団記者会見でポーズをとるFW川又

 J1新潟からJ1名古屋に移籍したFW川又堅碁(24)が14日、愛知県豊田市内で入団記者会見し「泥くささとか、自分が持っているものを常に100パーセント出し、チームにプラスになれればいい。相当ゴールに飢えている」と意欲を語った。新潟ではここ5試合はベンチ入りできず、出場機会を求めて移籍した。

 名古屋は5勝4分け10敗の16位でJ2降格の危機にある。昨季J1で23得点を奪った成長株に期待がかかる。川又は「目標像は1試合1点以上を取れるFW。点を取らないと意味がない」と力強く話した。

 古巣の新潟について「すごく悩んだが、もう決断したこと。全力で倒しにいきたい」ときっぱり。目標の海外移籍や日本代表入りには「名古屋の試合で結果を出すことが目標」と話した。

 登録が完了すれば16日のG大阪戦から出場可能となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年8月14日のニュース