アギーレ新監督 JFAハウス“初出勤”でミーティング

[ 2014年8月14日 05:30 ]

記者会見で笑顔を見せる日本代表のアギーレ新監督

 日本代表のアギーレ新監督が13日、東京都内のJFAハウスに“初出勤”した。「監督室、ミーティング室を見たい」という監督の要望によるもので早速、次期技術委員長に内定している霜田正浩技術委員、マネジャー、スタッフらと初ミーティングを実施した。

 霜田氏によれば「内容は事務的なものが大半だった」と言う。14日にはコーチのゲリング氏、フィジカルコーチのモラス氏、GKコーチのフェリペ氏が来日し首脳陣もそろう。15日に第1回スタッフ会議を開き、16日から始まるJリーグ視察などについて議論する。

 都内で探していた新居も前日12日に内見した物件に即決。シルビア夫人、次男ミケル氏と同居する予定だが、それでも関係者は「日本人では十分過ぎるほどの広さがある」と言う。アギーレジャパン始動に向け、着々と準備が整ってきた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年8月14日のニュース