J2栃木 首位・湘南からMF荒堀を期限付き移籍で獲得

[ 2014年8月14日 10:36 ]

 J2栃木は14日、J2湘南からMF荒堀謙次(26)が期限付き移籍で加入することが決まったと発表した。移籍期間は2015年1月31日まで。なお、契約により、荒堀は湘南と対戦するすべての公式戦に出場できない。

 滋賀県出身の荒堀は野洲高、同志社大を経て2011年にJ2横浜FC入り。12年にJ2栃木に移籍し、13年から当時J1だった湘南に移籍していた。通算成績はJ1が2試合0得点、J2が48試合3得点。今季は1試合0得点だった。

 荒堀は栃木を通じ、「この度、栃木SCに移籍することになりました荒堀謙次です。2年前に在籍していたクラブなので、知っている人もいて馴染みやすいところもあるので、早くチームの力になりたいと思っています。自分のわがままで移籍をしたにもかかわらず、今回また呼んでいただきプレーさせてもらえることに、責任と感謝の気持ちでいっぱいです。少しでも成長した姿を栃木サポーターの前で見せたいと思いますので、応援よろしくお願いします」とコメント。

 湘南を通じては、「急きょですが栃木SCに移籍することになりました。出場機会が少なく、なかなかチームの力になることができず申し訳ありません。1年半の湘南での日々は、素晴らしい仲間に恵まれ、とても言葉では表せないほど濃くて、楽しかったです。応援して下さったサポーターの皆さん、本当にありがとうございました」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年8月14日のニュース