風間監督「勝って上がりたい」 引き分け以上で決勝T進出

[ 2014年4月21日 18:43 ]

蔚山戦を前に記者会見する川崎Fの小林(左)と風間監督=

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は22日、各地で1次リーグ最終戦が行われる。H組2位の川崎Fはホーム等々力で蔚山(韓国)と対戦し、G組4位の横浜はアウェーで広州恒大(中国)と顔を合わせる。川崎Fは21日、試合会場で調整した。

 川崎Fは勝つか、引き分けで決勝トーナメント進出が決まる。敗れても同組1位のウェスタンシドニー(オーストラリア)が貴州(中国)に負けた場合、突破の可能性がある。横浜は勝たなければ敗退が決まる。川崎Fの風間監督は記者会見で「われわれらしいサッカーをして、勝って上がりたい」と意気込んだ。

 日本勢の他の2チームは23日に試合があり、E組3位のC大阪は敵地で山東(中国)と、F組4位の広島はホームでセントラルコースト(オーストラリア)と対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月21日のニュース