磐田 4―2―3―1に変更もドロー…指揮官 PKに不満

[ 2014年4月21日 05:30 ]

J2リーグ第8節 磐田2―2横浜FC

(4月20日 ヤマハ)
 J2磐田は、GK八田、MF木下、MF小林の3人を今季初先発に抜てき。フォーメーションも前節の4―1―4―1から4―2―3―1に変更して2戦ぶりの勝利へ挑んだが、18位の横浜FC相手にドローで終わった。

 両者合わせて計3得点がPKから誕生。シャムスカ監督は後半35分の相手PKについて「全くPKではなかった」と不満げ。初出場の小林は「まだまだ、いろいろな面で課題があります」と結果を出せずに反省した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月21日のニュース