神戸 首位確定も浮かれず 指揮官「全体のレベルアップ必要」

[ 2014年4月21日 05:30 ]

 暫定の文字が消えた。広島が新潟と引き分けたことで、神戸の首位が確定。順位表のトップに立ったまま次節のC大阪戦(26日、ノエスタ)を迎えることが決まった。しかし一夜明けたチームに浮かれる様子はまったくない。

 20日はG大阪とステップアップリーグで対戦し、0―3で完敗。お互いに控え組とユース選手で構成したチームながら、試合後に安達監督が円陣を組んでゲキ。「連戦も続くしこっちの選手たちがイキのいい状態でいてくれないと困る。もっと全体のレベルアップが必要」と厳しい言葉を残した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月21日のニュース