清武 先発も後半23分に交代 チームは1―4で敗れる

[ 2014年4月21日 00:27 ]

 ドイツ1部リーグ、ニュルンベルクの清武弘嗣は20日、ホームのレーバークーゼン戦に右MFで先発したが、ゴールに絡めずに後半23分に退いた。チームは1―4で大敗した。

 ▼清武弘嗣の話 内容よりも、とりあえず勝たないと勝ち点を積み上げられない。あと3試合、(1部残留へ)死ぬ気で頑張る。考えながらプレーしないと。守備に追われる時間が長かった。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月21日のニュース