清武 4連敗も切り替え「あと3試合死ぬ気で頑張る」

[ 2014年4月21日 10:01 ]

ブンデスリーガ ニュルンベルク1―2レーバークーゼン

(4月20日)
 降格圏の17位に沈むニュルンベルクは前節と同じ4失点の大敗。4連敗となり、清武は「グラウンドを広く使えていないし守備の時間が長かった」と肩を落とした。

 前半は1―1で折り返したが、後半はカウンターを受けて失点。清武もボールに触る機会は少なく、攻撃の核として役割を果たせなかった。残り3試合。「勝たないと勝ち点を積み上げられない。あと3試合死ぬ気で頑張る」と切り替えていた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月21日のニュース