本田 初の3戦連発も「決められなかったことが悔しい」

[ 2013年9月10日 21:36 ]

<日本・ガーナ>後半29分、本田はゴールを決めて吠える

キリンチャレンジ 日本3―1ガーナ

(9月10日 日産ス)
 日本代表のMF本田は自身初の国際Aマッチ3試合連続弾に「前の試合と同じでボールがよかった。それ以外にもっとチャンスがあったんで決められなかったことが悔しい」と振り返った。

 2―1の後半19分、MF遠藤からのFKを頭で押し込んだ。

 悔しがったのは前半29分の場面。カウンターでFW柿谷からの低い左クロスに左足のインサイドで合わせたものの、コントロールできずシュートはクロスバーを大きくオーバー。GKとの1対1で得点機を逃した。

 それでも身体能力の高いアフリカ勢は日本が最も苦手とするタイプ。数多くのチャンスをつくったことには期待が持てる。「相手の身体能力にどうやって対応するかがひとつのポイントだった。うまく対抗できたところと、世界の身体能力は凄く高いなと感じたところがあった」とし「所属クラブに戻って自分の課題に取り組んで、一日一日成長するつもりで練習に励むしかないと思ってます」とまとめた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2013年9月10日のニュース