決定力不足不満 ザック監督ゲキ「チャンスはない」

[ 2013年9月10日 06:00 ]

会見で目を見開くザッケローニ監督

キリンチャレンジ 日本―ガーナ

(9月10日 日産ス)
 ザッケローニ監督が攻撃陣にシュートの精度を高めることを求めた。

 6日のグアテマラ戦では、計25本のシュートを放ちながら3得点。指揮官はこの日の会見で「90分換算で3分にシュート1本。それで3点ではあまりも少ない」とあらためて問題点を指摘。今後に向けても「ガーナ戦では間違いなくそれほどチャンスはない。シュートを決める力を付けること」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2013年9月10日のニュース