W杯4強目指すガーナ 主力不在も“甘く見るな”

[ 2013年9月10日 06:00 ]

キリンチャレンジ 日本―ガーナ

(9月10日 日産ス)
 ガーナはW杯4強入りに向けた底上げを図る。

 今回の来日メンバーは、数日前に父親が亡くなったエシエン(チェルシー)に加え、ボアテング(シャルケ)やアサモア(ユベントス)ら主力が不在。それでもアッピア監督は「甘く見ないでいただきたい」と言い切った。現在はW杯アフリカ最終予選に駒を進めており、本大会での目標は南アフリカ大会のベスト8を上回ること。指揮官は「選手の質の高さを見極めたい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2013年9月10日のニュース