ベイル獲得資金130億円…ジダン氏、レアルに苦言

[ 2013年9月10日 06:00 ]

元フランス代表MFで、現在はRマドリードのアシスタントコーチを務めるジダン氏が、クラブがMFベイル獲得のため支払った移籍金1億ユーロ(約130億円)について「理解不能」と見解を語った。

 同氏も現役時代に当時の史上最高額といわれた移籍金でユベントスからRマドリードに加入した経緯があるが「私は7500万ユーロ(当時のレートで約80億円)で買われ、自分自身にそれだけの価値はないと言った」と説明。そして「今も1億ユーロに値する選手はいないと思っているが、残念ながらそれがフットボールだ」と近年の異常な移籍金高騰を嘆いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2013年9月10日のニュース